現在お休み中・・・・


by chibineko115

リンク & メール & 注意事項

~注意事項~
このブログの画像・情報は私個人の楽しみの為であり、商業利用目的ではありません。

誹謗中傷、商業目的、無関係のリンク、通りすがり等のコメントは、内容にかかわらず管理人の権限で削除させて頂きます。

現在メールは受付けておりません。

お気に入りブログ

LUNAママのぷれしゃす
シンプルな情熱
Everybody Ha...
More Than Words
kohanaの引き出し
薔薇のことづけ
癒し 2

カテゴリ

小旅行
映画館へ行こう☆
イラスト♡ ギャラリー
about LBH
about ジャニーズ
ハングルマスターへの道
韓国旅行
婿はん
ミニ小説
関係ない話

ブログジャンル

日々の出来事
芸能・アイドル

人気ジャンル

カテゴリ:映画館へ行こう☆( 189 )

聖☆おにいさん

f0050337_11413948.jpg



「探偵はバーにいる2」を見たかったけど、
時間のタイミングが悪く、コレを見ました。


実はこの漫画のファンなので単行本そろえてます。

笑いどころは分かっているので先に吹き出し、
フライングしまくりでした。

ちなみに周りのお客さん(20代女性ばかり)はドッカンドッカンうけてました。


立川の安アパートで暮らすブッダとイエスのお話・・・。
↑こんな題材、日本ならではですよね~。
~( ̄∇ ̄)~ほえほえ~♪

漫画の方が断然面白いんで、
映画代で単行本を読むことをお薦めします。
[PR]
by chibineko115 | 2013-05-18 11:47 | 映画館へ行こう☆

TED

f0050337_23122727.jpg


昨年から話題になっていたこの作品、
「これだけは絶対に劇場で見たい」と思っていた。


想像よりは面白くなかったけど、
でも元々B級(C級?)映画なのでソコソコ楽しめたと思う。


普段行動や言葉にはしないが自分達の中に潜む負の気持ちや行動を体現させた内容。

人種差別、ドラッグ、仕事の怠慢、お馬鹿上司、猥褻、下ネタ・・・・

そんな映画がヒットしてしまうアメリカって・・・
∑( ̄Д ̄;)はう~~っ!!

・・・まぁ。映画(ドラマ)大好き!!!っていうのには同感でしたが。
~( ̄∇ ̄)~ほえほえ~♪

アメリカの大衆文化にもっと理解があって英語がわかれば
きっと笑える個所も多かったんだろうな。。
観客の中にいた外国人サン達は、
日本人が笑わないところで爆笑してた。。


字幕では日本人にわかりやすいように、
くまモン とか ガチャピン に替えられていたから、
本当は何だったんだろう~と逆に気になってしまった。



[PR]
by chibineko115 | 2013-03-30 22:52 | 映画館へ行こう☆

王になった男

f0050337_13463720.jpg


実は3回映画館に足を運んでいるんだけど、

見ることが出来たのはこの1回。


・・・いつも満席御礼なんですよ。。。

大変喜ばしいことだけど、

見ることが出来ないがっかり感ハンパねぇ~

(゜ーÅ)ホロリ

でも、なんとか仕事帰りの遅い上映で見ることができた。


客層は中高年がほとんどだったけど、

20代の二人組みの女子も来ていて嬉しかった。




韓国の時代劇というと、

衣装や宮殿の装飾が不必要に華やかな印象なのだが、

この映画はその華やかさは控えめだったので、

演者を引きたてていてよかった思う。


さてさて、いわずとしれたイ・ビョンホンの一人二役。。。

王様と王様の影武者となった道化師。。。


途中まではありありと別人だとわかったが、

クライマックスとなると、あ~もう どっちがどっちなのかわからない。

本物の王なのか、

王の威厳をもった影武者ハソンなのか。。。


本物?ニセモノ?

見てる私も息をのんで胸の傷を探す。

すっかり映画の世界に引きこまれてました。。。

(*´∀`*)えへへ



個人的に萌えポインツは、

勝手に政務を行った後、

王の部屋で「やっちまったなぁ」顔で都承旨をみるハソンの表情。

めっちゃウケたけど、周りはシーンとしてた。。

<(; ^ ー^) 汗


この作品、私個人は面白いと思うシーンでも、

周りがまったくクスっともしないことが多くて、

私のツボどころが変なのだろうか?


・・・水曜日、ファンの集いで団体鑑賞会があるから、
その時わかるだろうな。。


それにしても、

ハソンが王様の生活に戸惑うシーンでは、

トイレ方面もでてくるけど、あれ必要ないと思うな~。

韓国映画って吐瀉物とか、おならとか~大小便とか~、

作品に差し込まないと駄目かね~?Σ( ̄ロ ̄lll)

いつもその手のシーンにはげんなりする・・・・。

道化師のハソンが王様の身なりで、

つい踊り足で歩いてしまうシーンがあったけど、

そういった演出で面白さを出してほしかったな。



最近、マジで残業も多いし、

仕事帰りに何回いけるかな~。(゜ーÅ)ホロリ


・・・最後にト武将役の人、

たしか「恋する神父」に出ていた人だと思うけど、

相変わらずいい味出してる俳優さんですね。


[PR]
by chibineko115 | 2013-02-23 13:49 | 映画館へ行こう☆

12月の一口☆映画感想

f0050337_19134613.jpg【ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 】
同時上映の巨神兵のショートムービーが話題になっていたので、そっちが見たくなって足を伸ばした。
巨神兵だけにジブリ作品だったが(そりゃそうだろ)、アニメではあるが災害ってこんなふうに突然やってくるよねと、東日本大震災を思いながら結構リアル感を持って見た。
 さて、本編のエヴァの方だが、基本的にこのアニメを理解しようとは思ってないので、わけ分からん単語が並んでいてもとにかく分からないことを愉しんで見た。カヲル君がわりとあっさりな起用だったのがちょっと残念だった。。。
[PR]
by chibineko115 | 2012-12-09 19:17 | 映画館へ行こう☆

5月の一口☆映画感想


f0050337_21244893.jpg【テルマエ・ロマエ】
以前、深夜枠でアニメをやっていてたまたま見たら面白かった。
内容はだいたい把握していたので、大好きな阿部ちゃんがどう演技するのか楽しみで観にいった。結構ハマリ役でよかったと思う。個人的には上戸彩ちゃんは必要なかったと思う。オリジナルストーリーを組み込むならいっそ男くさい映画にしてほしかった。もうすこし北村一輝を活躍させてほしかったな~。(彼も結構3の線、イケる~)




f0050337_2125918.jpg【メン・イン・ブラック3】
10年ぶりとは思えないほど古臭さを感じない設定。
SFというのもあるだろうが、黒スーツの2人組み・・・ってのがいいんじゃないかな?相変わらず色んな人(有名人)が宇宙人だったりして、やっぱり!なんて納得してしまうのもイイ。今回はコメディ路線も踏まえつつちょっと感動的なラストが用意されていて思わずウルウルっときた。私は2Dでみたけ充分だった。なんとなく3Dだとどんな感じか想像できる程度だから。
[PR]
by chibineko115 | 2012-06-04 21:32 | 映画館へ行こう☆

7月の一口映画感想


映画館の恒例イベント「フィルムマラソン」に参加してきました。

若い頃なら4本全部徹夜で見られたものだけど、

もう駄目ですわ~・・・1本寝てしまった。。。

寝てしまった映画は、タイの格闘モノでしたが、

最初と最後に阿部ちゃん(寛)が ヤクザ役で頑張ってた・・・。


さてさて~、
まっとうに見た作品は下の3本でした。

f0050337_18521588.jpg【 塔の上のラプンツェル 3D字幕版 】
ランタンのシーンが美しいという噂どおり、3Dを活かせたシーンだったと思う。目の前に浮かぶランタンが綺麗だったし、幻想の世界だった。
ラプンツェルと魔女の目がデカ過ぎだったのが若干恐かったけど、童話として上手く仕上がっていたと思った。



f0050337_18564617.jpg【 キック・アス 】
今回2度目。公開当時、地味にロングランしていたのでまた見に行こうと思っていたら、「英国王のスピーチ」がアカデミー賞を獲ったがために、映画館がキックアスを打ち切ってしまったため観にいけず残念だった。またスクリーンで見ることができて嬉しかった。ビョンホンssiもお薦めの作品でしたね。
 笑いドコロが分かっているから、フライングで笑ってしまったが、2度目もラストは感動した。ナイスッ(福君風)


f0050337_1925129.jpg【 ぼくのエリ200歳の少女】
スエーデン映画で吸血鬼モノ(ホラー)でしたが、現在公開中のハリウッド映画「モーリス」のオリジナルらしいです。ホラーだけにエグいシーンもありましたが、全体的には少年の初恋映画っぽかったです。
 映画の冒頭あたり、エリ(吸血鬼)のために殺人を犯すおじさん(人間)の行動がどうしてなのか謎だったし、そもそもどうしてそういう二人組なのか疑問であったけど最後のシーンで解決した。
 少年にとってはかけがえのない恋人かもしれないけれど、エリにしてみれば生きるための本能として人間(男)を引き寄せてるのかもしれないと思った。(う~ん 恐い)
[PR]
by chibineko115 | 2011-07-27 19:07 | 映画館へ行こう☆

5月の一口映画感想

f0050337_23261081.jpg【パイレーツ・オブ・カリビアン~生命の泉~】
3Dで見るほどではなかった。夜や洞窟、うっそうとした森という暗いシーンが多かったので、3Dメガネで余計に暗くなって画面が見えにくいことこの上なし。
それにしても、海賊って~、船に乗ってるものじゃないのかな?陸(おか)に上がりっぱなしじゃ、まるで山賊じゃん。。海賊船上での戦い、海賊船同士の戦闘、そういうところも見所だと思うから次回作はきちんと織り込んでほしい。 ジャック・スパロウの人気だのみで小手先で作っちゃった感が拭えないけど、女海賊のアンジェリカとのやりとりなどはよかった。雰囲気が似てる二人はお似合い。バルボッサ&ジャック(サル)はなかなかイイ。。

f0050337_23263348.jpg【ブラック・スワン】
バレエやクラッシック音楽に興味のない人には退屈だろうなと思った。主役を射止めた主人公が、プレッシャーや舞台監督への愛(嫉妬)に苦しみ格闘する心理描写を映像化している作品。個人的には、劇中劇である「白鳥の湖」の舞台を見てみたいと思った。自分で踊ったナタリー・ポートマンの努力は買うが、演技は上手いとは思わなかったなぁ。




f0050337_23265429.jpg【GANTZ ~PARFECT ANSWER~】
多分、私はこのDVDを買うと思う。私はこの世界観が好き。俳優とかストーリーとか演技とか関係ない。なんだか好きなんだから仕方ねぇ~。
星人達がGANTZメンバーを「ゴキブリ」と呼ぶセンスがナイス。





f0050337_23271073.jpg【少女たちの羅針盤】
ミステリー仕立だったけど、青春ストーリーが主軸だったように思う。若手女優達の青臭い棒読みな感じの台詞も高校生という設定だからかすんなり受け入れられた。主人公達が演劇に夢中になっているのをみると、自分にもこの年代には好きなことに突っ走る心と体力があったな~と懐かしく思いながら見た。(今思えば、高校時代にもっと勉強しておけばよかったと思うが)
[PR]
by chibineko115 | 2011-06-07 23:37 | 映画館へ行こう☆

3月の一口映画感想


f0050337_2234610.jpg【 トゥルー・グリット 】
月に2回も違うマットが見られるのだから幸せだ。父親を殺された少女が犯人を追う復讐劇だけど、盛り上がるシーンがあるわけでもなく淡々とした展開。時代劇が日本人にしかわからないニュアンスがあるのと同じで、西部劇もきっとアメリカ人にしかわからないニュアンスがあるんだろうと思う。だから、淡々としていてもきっとアメリカ人は面白いのだと思う。マットが演じたテキサスのレンジャー役も真面目で無骨、いかにもなスタイルとか田舎者感があふれていてきっとくすっと笑えるのだと思う。でも、ちょっとマットのカッコよさが出てしまっていたわ。
 命を懸けた復讐劇(またも・・・)だけど、登場人物達はそれからまた出会うこともなく、人間関係を深めるわけでもなく、人生の三叉路で出あって別れただけといった風情。なんともクール・・・。


f0050337_1452672.jpg【 太平洋の奇跡 】
「流れ星」というドラマで、無駄にイケメンな水族館職員を演じた竹之内君の静かな演技に惹かれて観にいったが、この作品でも淡々と静かな演技でした。終盤、日本に残した家族への未練が断ち切れず自決できない兵隊の姿を見て、声無く慟哭する竹之内君の数秒の演技は凄かった。俳優の底力を見た気がした。 
上官に日本人の精神を説明するアメリカ兵が出てくるが(原作者?)、その説明を言葉でなく作品で表現するのが映画ではないのか?日本人監督なら台詞で濁してほしくなかった。 戦争映画を見ると作品の良し悪しはともかく、戦争で亡くなった沢山の兵や民間人があったことを忘れずにいられる。

f0050337_14565610.jpg【 ヒアアフター 】
今、ハリウッド映画で一番信用を置いている俳優マット・デイモンだけを頼りに観にいった。臨死や死者の世界を扱っていてC・イーストウッド監督が丹波哲郎氏に思えた。臨死体験するのに果たして大津波は必要だっただろうか?(スピルバーグは必要だっただろうか?)主演がマット・デイモンである必要があっただろうか?と疑問がフツフツと湧いてきた。力不足をビッグネームで補完した感のある作品でした。やたら評判のいい作品だけど個人的にはなんじゃこりゃ~っでした。ただ、音楽はよかった。
[PR]
by chibineko115 | 2011-03-24 22:07 | 映画館へ行こう☆

2月の一口映画感想

f0050337_1524483.jpg【 戦火の中へ 】
日本の戦争映画は過去の事実として若干美化されて表現されてしまうことがあるけれど、休戦中の韓国では今でも戦争はリアルなものであり戦争表現がやはり違うと思った。
TOP君はしばらく台詞がほとんどなく、泥と血と汗にまみれて真っ黒な顔で、目力がなかったら誰だかわからなかったかもしれない。いかにも穏やかで優秀で親孝行な学生なんだろうと思わせる眼差しが、段々男らしく、祖国(母・友)を守る責任感にあふれてくる様がすばらしい。最初は暢気に赴任してきた学生達が訓練もうけずいきなり戦わなければならない非情さ。学徒兵は学生か軍人か・・・祖国を守ろうと勇気をふりしぼる姿は悲痛だ。

f0050337_2222693.jpg【 あしたのジョー 】
アニメを見て育った世代なのでツッコミどころは色々あるけれど、実写化にしてはよく出来ていると見た(ヤマトに比べれば)。男臭さ、泥臭さを差っぴいた感じ。ドヤ街は上手く再現されていたのに、首にまいてるタオルが新品だったりして、細かいところまで気が回らなかったのが残念。映画を見て感動するというより、映画をみながらアニメを思い出して感動が思い起こされた。伊勢谷君は色んな役柄を演じているが力石役はピッタリ合っていた。段平役の香川さんは文句なし、ボクシングファンだそうなので演じていて本望だったでしょうね~。

f0050337_22245725.jpg【 キック・アス 】
B級映画にしてはよく出来ているという評価につられて観にいきました。・・・確かに面白かった(B級映画にしては)。バイオレンスでばかばかしくてシニカルでナンセンスでちょっと感動的でもありました。導入部分がちょっと長いけど、スイッチが入ったら痛快! 色々な要素が取り込まれているのに無理がないのは、脚本がいいのかもしれない。少女と父(ニコラス・ケイジ)のやり取りもイッっちゃっててナイス。場内で周囲の大笑いする声を聞くのも久々でした。
グロさとローティーンの少女が躊躇なく殺しまくるのがOKであればお薦め。同じ復讐劇である「悪魔を見た」の練習で観にいくのもいいかも。
 

f0050337_20393097.jpg【 GANTZ 】
原作の漫画を読んでる人には不評をかってる作品ですが、私はまったく知らないのでそれなりにGANTZの世界観が楽しめました。作品としてはSFアクションで目を覆いたくなる陰惨なシーンも沢山あり、前編後編と分かれてます。後編は4月末頃上映。前編はテレビ放送されると思うけど血がドバドバなので放送できるのかは謎。テレビ待ちで十分な作品ですが、後編は山田孝之君がでるので大いに楽しみにしてます。
[PR]
by chibineko115 | 2011-02-24 15:27 | 映画館へ行こう☆

アイリス The Last

f0050337_1455659.jpg


いつまでブログ休んどるんじゃ~!!!

・・・という声が聞こえてきそうなほど休ませていただきました。
モジ(((*´ε` *)(* ´ 3`*)))モジ

休み明け、仕事忙しくて・・・・
( イリ パッパソヨ~)

今年のイ・ビョンホン事始は、ご多分にもれず映画【 アイリス 】でした。

ウリ街では2週間の上映予定。

運よく祝日&月曜日がレディースデイでしたので、

朝っぱらから行ってきました。

映画版については、一応【再編集】というのがついていたので、

あまり期待せずに観にいきました。



それにしても~

見事なダイジェストぶりでした~。

これって 金取って見せなくても、

TBSで放送したら良かったんじゃない?って程度でした。


ドラマ見ているから、不足を補完しながら見られるのであって、

初見の方には展開早すぎ、相関図わからなすぎ、

ストーリー????って感じではなかったのでしょうか。



個人的に見ていて、

ヒョンジュンはキスばっかりしているようでした。
♡。。(⌒▽⌒)ノ_彡☆バンバン!
↑ ファン的にはOK?

唯一、ラストでヒョンジュンを撃った人間が誰だったのかというのが、

わかっただけでも溜飲が下がるものでした。


イ・ビョンホン・ファンが大画面を楽しみに観にいく・・

くらいのスタンスでOK.


映画 として評価はむずかしいモノでした。


[PR]
by chibineko115 | 2011-01-10 14:18 | 映画館へ行こう☆